結婚する前に忘れてはいけない婚姻届け

結婚するにあたって、式の準備が忙しかったり、夫婦での新生活に対応するなど大変なことがたくさんありますが、その前にやっておくべき様々な手続があります。
まず忘れてはいけないのは婚姻届けをしっかりと提出することです。
当たり前ですが、婚姻届けが提出されていないと法律的にも結婚したという事にはなりません。
婚姻届けは最寄りの役所で入所することができ、2人かもしくは代理人に来てもらい提出してもうことが可能となっています。
基本的に婚姻届けの提出は1年中24時間提出可能となりますが、役所によっては深夜の時間帯に提出した場合、預かり扱いとなってしまい、入籍日がずれる可能性もありますので、特定した入籍日にした場合は、事前に役所などに確認するようにしましょう。
また婚姻届けを提出する場合、業務時間に該当する場合は結婚することによって新居への転入届けや新しい戸籍妙本などの手続きも同時に可能となりますので、時間短縮にもなりますしおすすめです。